バランス能力と平衡機能の違いってなんだ?

リハビリ

運動したり、スポーツしたり、様々な場面で「バランス能力」や「平衡感覚」って使われてると思います。

時として同じように扱われる両者なんですが、実はこれらは似て非なるものです。

結論として、「バランス能力の構成要素の一つに平衡機能がある」となります。

今回は、この二つの位置関係について触れていきたいと思います。

スポンサーリンク

「平衡機能」ってなんだ?

平衡機能は簡単にいえば、運動する時に姿勢を維持したり調節したりするために必要な神経機能です。

姿勢を調節するための神経機能というのは、目(視覚)、耳(内耳にある平衡器)、体の部位がどれぐらい動いているか・どんな位置にあるかという感覚(深部感覚)などの情報を脳(中枢神経)で統合し、運動神経を介して反射的に調整するまでの一連の流れを指します。

視覚・平衡器・深部感覚の情報を脳で統合し、運動神経を介して反射的に姿勢を維持・調整している一連の流れ
平衡機能の一連の流れ
スポンサーリンク

「バランス能力」ってなんだ?

バランス能力はその名の通り、バランスを保つための能力です。

人は座る・立つ・歩くなど自然な動作をしていますが、それらは全てバランスを保った状態で綺麗に動くことができています。逆にいえば、バランスを保てないと綺麗に動けないということになります。

バランスを保てていることで綺麗な歩行ができるが、バランス能力が悪くなると簡単にバランスを崩してしまう。
スポンサーリンク

バランス能力の要素は?

じゃあバランスを保つ能力って何があるのか?

バランス能力を構成する要素には以下のものがあります。

バランス能力は、重心を支持基底面に維持するための平衡機能や、骨・関節機能・筋機能・感覚機能など様々な要素が関わり、どれか一つでも欠けてしまうとバランスは悪くなる。
バランス能力の構成要素

図を見てもらえればわかるように、バランス能力の構成要素の一つに、平衡機能があります。

バランス能力にはそのほかに、筋力や関節の機能、感覚機能、認知機能なども関係しており、その中の一つでも欠けてしまうと、簡単にバランスを崩してしまう状態になります。

平衡機能はバランス能力を構成するものの一つとして重要なものなんですね!

スポンサーリンク

まとめ

以上のことから、平衡機能とバランス能力は非常に似ているものなのですが、厳密には、「平衡機能はバランス能力を構成するための一つの要素」ということになります。

捉え方がごちゃごちゃになることもよくあるので、何がどの立ち位置なのか、再度確認しておきましょう。