FR(Functional Reach)テストの概要、方法、注意点について

リハビリ

バランス能力を評価する代表的なものの一つとして、上肢到達動作テスト(FR-T:Functional Reach Test)があります。今回はこのテストの概要、方法、注意点について解説していきます。

スポンサーリンク

FR-Tとは

立った状態(立位)で行うバランス能力の評価方法として、信頼性・妥当性が検討された代表的な方法の一つです。

支持基底面の中で挙上した上肢をできるだけ遠くに伸ばす評価方法で、物差しやメジャーがあればすぐ測定できる、簡単で定量的な方法です。

FRテストの画像

検査方法はとても簡単なので、手順を理解すれば誰でも簡単に検査することができます。

スポンサーリンク

評価の意義

この評価は、前方へできるだけ遠くまで手を伸ばしてもらうことで、その動作中の足関節戦略(ankle strategy)、股関節戦略(hip strategy)、体幹回旋戦略(trunk strategy)の使い分けを見ることができます。

また、測定された数値によって転倒リスクの有無を確認することができます。

スポンサーリンク

方法

準備するもの

  • メジャー:手を何cm前に伸ばすことができたかを測るために使います。

検査手順とポイント

【開始姿勢】

  • 立位(靴や靴下は脱いだ方が望ましいとされます。測定側が壁になるようにし、自然な開脚立位を取ります。)
  • 測定側の肩関節を90°屈曲位とします。
  • 手指は軽く握り、第3中手骨末端を指標とするようにします。

【手順】

  • 開始姿勢の状態で、一度手の指標に位置する壁にマーカーを貼っておきます。
  • 手をまっすぐ前に、できるだけ遠くまで伸ばしてもらいます。
  • 伸ばしたところで、再度壁にマーカーを貼り付けます。
  • ゆっくりと元の姿勢に戻ります。
FRテストの手順
  • 検査は3回計測し、それぞれの到達距離を記録します。
  • 記録は、3回中の最大到達距離をcmで記録します。
  • 左右差を比較することで、体幹の回旋機能の評価指標になります。

検査時の注意点

  • 踵は浮かないようにしましょう。
  • 前に伸ばしていくとき、腕が下がりすぎないようにしましょう。
FRテストの注意点
  • また、距離を計測する際、水平距離を測るのが適切とされており、直線距離を測るのは誤りということに注意しましょう。
水平距離と直線距離。
水平距離で測るのが正解。
直線距離で測るのは誤り。
スポンサーリンク

判定基準

・高齢者で転倒の危険性が高いとされるカットオフ値:15.3cm未満

・年代ごとの基準

年代 基準値(cm)
20代 42.7
30代 41.0
40代 40.3
50代 38.0
60代 36.8
70代 34.1

スポンサーリンク

FRテストの別法

前方をみるFRテストの他に、側方リーチを測るFRテストや、立位が取れない方に対して座位で測定するパターンもあります。

側方リーチを調べることができる、側方FRテスト
側方FRテスト
立位が取れない方に対しての、座位でのFRテスト
座位FRテスト
スポンサーリンク

まとめ

バランス能力テストの一つである、FRテストについて解説しました。

簡便で客観的に測定ができるため、臨床でもよく使いますので、ぜひ復習しておいてください( ^∀^)