リハ栄養

リハビリ

フレイルに対するリハビリの考え方

フレイルは、心身機能を維持するエネルギー予備能の欠乏によって、さまざまな機能低下を起こしてしまう、要介護状態の前段階に位置する病態です。ではフレイルに対して、理学療法士はどんな介入をしていけばいいのか。今回は、フレイルに対するリハビリの考え120
リハビリ

フレイルと他因子との関連について

フレイルは、心身機能を維持するエネルギー予備能の欠乏によって、さまざまな機能低下を起こしてしまう、要介護状態の前段階に位置する病態です。 ではフレイルは、どれくらいの有病率なのか、他因子との関連性はあるのか。 今回はそれらについ120
リハビリ

体重変化率の算出方法とその評価について

リハ栄養において、体重はアセスメントに必要な情報です。 また、その体重が今後どれくらい変化するか、変化したかという情報は、チームアプローチする上で重要な予後予測の因子となります。 今回は、体重変化率の算出方法とそ120
スポンサーリンク
リハビリ

栄養スクリーニング『SGA』について

リハ栄養において栄養スクリーニングは、介入を行うかどうかの判定に重要な位置を占めます。 今回は、栄養スクリーニングの「SGA」について解説していこうと思います。 SGAとは SGA(Subjective Global As120
リハビリ

寝たきり高齢者に対する推定体重の計算方法について

リハ栄養において、 アセスメントを行う際に必須となってくる体重測定ですが、寝たきりの高齢者においては、ベッド式体重計や吊り下げ式体重計などの特別な装置が必要となります。 そのような装置がない施設や診療所では、患者を抱え120
リハビリ

栄養スクリーニングツール「MNA®︎」について

全ての患者において栄養障害が発生する可能性があり、全対象者に栄養スクリーニングを実施することは、栄養障害のリスク患者を早期に発見するためにも重要です。 また栄養スクリーニングは、他職種も適切にデータを読み取ることが重要と考えます。 120
リハビリ

年代別体格指数(BMI)と肥満、やせの割合ついて

BMI(Body Mass Index)は、身長に見合った体重かどうか判定する数値です。基準は22となっています。 身長と体重による計算式で簡単に数値を出せるため、健康管理の指標として幅広く使われて120
リハビリ

リハ栄養ケアプロセスについて解説します。その2

リハ栄養ケアプロセスは、障害者やフレイル高齢者の栄養状態・サルコペニア・栄養素摂取・フレイルに関連する問題に対して、質の高いリハ栄養ケアを行うための体系的な問題解決手法です。 今回は前回の続きで、③リハ栄養ゴール設定、④リハ栄120
programming

リハ栄養ケアプロセスについて解説します。その1

リハ栄養は多職種が連携して対象者にアプローチします。そのため、一貫した流れが定まっていないとリハ栄養ケアの質や結果の評価が検証しにくくなります。 リハ栄養ケアプロセスは、栄養専門職による栄養ケアプロセスを参考して考案さ120
programming

サルコペニアに対する運動強度の指標、メッツ(METs)について

サルコペニアによる筋力低下に対する治療には、有酸素運動やレジスタンス運動が推奨されています。しかし、運動強度の設定を間違えると、返って筋力低下を起こしてしますケースもあります。今回は運動強度の指標であるメッツについて解説し、設定する考え方を120
タイトルとURLをコピーしました