programming

programming

リハ栄養ケアプロセスについて解説します。その1

リハ栄養は多職種が連携して対象者にアプローチします。そのため、一貫した流れが定まっていないとリハ栄養ケアの質や結果の評価が検証しにくくなります。 リハ栄養ケアプロセスは、栄養専門職による栄養ケアプロセスを参考して考案さ120
programming

サルコペニアに対する運動強度の指標、メッツ(METs)について

サルコペニアによる筋力低下に対する治療には、有酸素運動やレジスタンス運動が推奨されています。しかし、運動強度の設定を間違えると、返って筋力低下を起こしてしますケースもあります。今回は運動強度の指標であるメッツについて解説し、設定する考え方を120
programming

認知機能とフレイルとの関連(コグニティブフレイル)について解説します

身体的フレイルとサルコペニアには関連性があり、両者とも放っておくと要介護状態になる危険性が高まります。 そしてフレイル・サルコペニアは、認知機能とも関連があることがわかってきています。 今回はどのような関連性があるかにつ120
スポンサーリンク
programming

加齢による筋力低下とサルコペニアによる筋力低下の違いについて解説します

サルコペニアは加齢に伴う骨格筋量および筋力低下の両者を兼ね備える疾病です。 これらから、ADL能力・健康寿命の維持には対応必須の病態と言えます。 しかし、 そもそも加齢によって筋力は衰えるじゃないか! 全部サ120
programming

栄養状態とリハ目標の考え方、リハ目標切り替えのタイミングについて

リハ栄養の目的の一つとして、『適切な栄養管理とリハビリを実施し、栄養状態、サルコペニア・フレイルを改善すること』が挙げられます。しかし、 ・栄養状態とリハ目標の考え方は? ・リハ目標を切り替えるタイミングは? 120
programming

リハ栄養介入でリスクのあるRefeeding syndromeとは?解説します

リハ栄養を実施する上で、介入することにより生じるリスクを知っておくのも大事です。 今回はRefeeding syndromeについて説明していきます。 Refeeding syndromeとは 低栄養状態にある患者120
programming

リハに栄養は必須!食欲がない人に対する工夫とは?解説します

リハ栄養において、適切な栄養管理と運動療法は必要不可欠なところですが、厚生労働省の報告書によれば、回復期リハビリテーション病棟における経口摂取可能な患者の食事摂取率において、入院患者の1/4が提供された食事量を十分に摂取できていないという結120
programming

効率の良いインプットの考え方とは?

今回の記事は、効率の良いインプットってどうすればいいんだ?という疑問に対して、樺沢紫苑さんの著書である「インプット大全」から得た知識をまとめていきたいと思います。 たみお 効率の良いインプットの方法についてまとめ120
programming

ワードプレスのダッシュボードに入るには??

ワードプレスでサイトを作成して、ブックマークして、後日ブログを書こうとしてブックマークから開いてみたら・・・ たみお あれ、、ダッシュボードどうやって入るん・・・? こんな経験ありませんか?120
programming

ブレイクポイントとは??レスポンシブ化における各ブレイクポイントのpx設定について

Webデザインを作成する際に、今や必須なのがレスポンシブ化ですよね。 HTML、CSS書く人はまず絶対書いてると思います。 たみお そんで持って具体的な数字ってみんなどうしてるのさ?? と言うことで、レスポンシ120
タイトルとURLをコピーしました